岳精会

岳精流日本吟院は我が国の伝統芸術である「吟道」を通して豊かな心を養うと共に、良き友を求め、そして良き社会づくりに貢献できればと願っております。 とりわけ、宗家信条「真・善・美」は我が流統の理念として受け継がれ、精神の高揚に励んでおります。

祖宗範(初代宗家)横山 岳精

大正06年03月12日 青森県青森市生まれ

  • 日本詩吟学院創設者、祖宗範の木村岳風先生に師事
  • 昭和52年10月:岳精流日本吟院を創流
  • 財団法人 日本吟剣詩舞振興会の常任理事・専務理事を経て、現在は顧問
  • 昭和57年藍綬褒章
  • 平成5年勲5等瑞宝章を受章
  • 平成18年01月:家元を襲名

宗家(2代目)横山 精真

昭和22年04月17日 長崎県佐世保市生まれ

  • 昭和46年12月:岳風流岳精会に入会
  • 昭和61年12月:初代宗家横山岳精先生から宗嗣に指名
  • 平成18年01月:宗家(2代目)を襲名
  • 役職
  • 公益財団法人 日本吟剣詩舞振興会評議員
  • 公益財団法人公認・神奈川県吟剣詩舞道総連盟理事長

流統の歩み

昭和10年 04月
初代宗家(家元)、祖宗範木村岳風先生の「日本詩吟学院」に入門。
昭和32年 04月
川崎市成人学校に朗吟科が設けられ、初代宗家が講師となる。
昭和39年 06月
川崎成人学校朗吟科に研究会発足(岳精会の母体となる)。
昭和40年 02月
日本詩吟学院に登録(名称は、日本詩吟学院神奈川県本部川崎成人学校朗吟科研究支部。略称を、「川崎成人学校精吟会」と称した)。
昭和41年 07月
名称を、「日本詩吟学院岳精会」と改称。「教本発行」。
昭和45年 11月
「岳風流岳精会」と改称。
昭和46年 01月
「一吟詩」1号を発行。3月:第1回全国研修会開催。4月:朗吟発表会開催(川崎衛生福祉会館)。
昭和49年 03月
機関紙「龍吟」創刊号発行。4月:川崎市砂子に本部事務所・教室を開設。
昭和50年 03月
「岳精会会詩」入魂式(鎌倉・続灯庵)。6月:「横山岳精魅力のすべて」を発売(ポリドールレコード)。
昭和51年 08月
第1回夏期師範特別研修会開催(群馬県・猿ケ京)。
昭和52年 06月
「横山岳精新体詩を詠う」を発売(ポリドールレコード)。10月:初代宗家「岳精流」を創流(帝国ホテルにて創流披露式)、「岳精流日本吟院」と改称。会則施行。
昭和53年 01月
初代宗家初回の「月のことば」を発表。横山岳精後援会設立・会長金成増彦氏。2月:会旗入魂式(川崎・稲毛神社)。
昭和54年 04月
初代宗家、財団法人日本吟剣詩舞振興会常任理事に就任。
昭和55年 01月
初代宗家、最初の年間「指標」を発表。6月:横山岳精吟道45周年記念・岳精流日本吟院全国吟道大会(川崎市産業文化会館)。
昭和56年 08月
「会長制度導入」単位会の認可任命式。
昭和57年 01月
宗家信条「真・善・美」を発表。11月:初代宗家、藍綬褒章を受章。
昭和58年 11月
藍綬褒章受章記念、横山岳精名吟集江上吟発売(ポリドールレコード)。
昭和59年 01月
初代宗家、NHK「お達者くらぶ」で3回にわたり誦師を担当。
昭和61年 12月
初代宗家、弥富龍精(のちの、横山精真)を宗嗣に指名。
昭和62年 12月
横山岳精吟道50周年記念・創流10周年記念・岳精流日本吟院全国吟道大会(川崎市産業文化会館)。11月:初代宗家、青森県知事褒章受章。
平成元年 06月
魂碑建立10周年記念大会。11月:初代宗家、吟剣詩舞大賞芸術賞受賞。
平成02年 07月
横山岳精吟道5 5 周年記念・財団法人日本吟剣詩舞振興会吟剣詩舞大賞芸術賞受賞記念・岳精流日本吟院全国吟道大会(川崎市教育文化会館)。10月:初代宗家、財団法人日本顕彰会社会貢献者表彰。
平成05年 04月
初代宗家、春の叙勲で勲5等瑞宝章受章。
平成06年 06月
初代宗家、「吟魂燃ゆ」を発刊。
平成07年 06月
横山岳精吟道60周年記念・岳精流日本吟院全国吟道大会(川崎市教育文化会館)。
平成12年 06月
横山岳精吟道65周年記念・岳精流日本吟院全国吟道大会(川崎市教育文化会館)。
平成17年 06月
横山岳精吟道70周年記念・岳精流日本吟院全国吟道大会(川崎市教育文化会館)。
平成18年 01月
初代宗家が家元に、宗嗣横山精真が2代目宗家に就任。6月:慶祝家元・新宗家就任・岳精流日本吟院全国吟道大会(川崎市教育文化会館)。
平成19年 06月
創流30周年記念・岳精流日本吟院全国吟道大会(川崎市教育文化会館)。
平成20年 12月
2代目宗家、吟行紀「先生あるいて来ました」を発刊。
平成21年 06月
「岳精流日本吟院幼少青年育英基金」設立。

財団法人 日本吟剣詩舞振興会合吟コンクールの足跡

優勝

  • 昭和53年度(第11回)男子
  • 昭和55年度(第13回)女子
  • 平成07年度(第28回)男子
  • 平成09年度(第30回)砂子・女子
  • 平成10年度(第31回)女子
  • 平成13年度(第34回)三河・女子
  • 平成18年度(第39回)女子
  • 平成28年度:三河・女子

準優勝

  • 昭和46年度(第04回)男子
  • 昭和51年度(第09回)男子
  • 昭和52年度(第10回)女子
  • 平成05年度(第26回)女子
  • 平成08年度(第29回)砂子・女子
  • 平成09年度(第30回)女子
  • 平成17年度(第38回)女子
  • 平成27年度 六郷・女子

吟魂碑建立

  • 昭和54年04月:山形県村山市東沢公園
  • 昭和56年06月:福岡県北九州市
  • 昭和57年04月:山梨県富士吉田市
  • 昭和57年12月:群馬県利根郡水上
  • 平成06年07月:秋田県由利本荘市
  • 平成11年10月:東京都あきる野市
  • 平成13年04月:長野県塩尻市
  • 平成19年09月:愛知県岡崎市

吟楽碑建立

  • 平成13年05月:東京都あきる野市(西多摩霊園)

歌碑(平和を祈る)建立

  • 平成20年04月:沖縄県名護市

岳精流日本吟院・会・支部・教場ご案内

我が岳精流日本吟院は、詩吟界の雄として、北は北海道から南は九州、沖縄まで全国に会が 19、支部が 14、そして独立教場 38 を擁しております。

詩吟にご興味のある方、教室を探していらっしゃる方は *下記リンク先か* 本部事務局までお問い合わせ下さい。

| 支部 | 教場


(会員 100 名以上で会が成立します。各会が幅広く教場を展開しています。)
所在地 会名 代表者 管轄
北海道 札幌岳精会 橋本 精淙 北海道地区
函館岳精会 小林 秀風
山形 天童岳精会 大木 龍広 東北地区
天童王将岳精会 新関 精法
群馬 渋川岳精会 郡司 精政 東京地区
埼玉 埼玉岳精会 林 精郷
武蔵岳精会 杉山 精英
東京 多摩岳精会 渡 精華
六郷岳精会 奥村 精曄
千代田岳精会 鈴木 精成
神奈川 井田岳精会 大森 精翠
静岡 下田岳精会 杉江 精寛
愛知 三河岳精会 深浦 精正 中部地区
岐阜 美濃岳精会 堀井 精英
長良川岳精会 林 精裕
大阪 大阪岳精会 大西 精弘
福岡 北九州岳精会 田中 精善 九州地区
長崎 大村岳精会 宮本 精秀
沖縄 沖縄岳精会 長嶺 龍憲 沖縄地区

| 支部 | 教場

支部
(会員 50 名以上で支部が成立します。各支部が幅広く教場を展開しています。)
所在地 支部名 代表者 管轄
山形 村山支部 鈴木 龍彦 東北地区
東根支部 佐藤 精康
新潟 新潟支部 髙野 龍洲 東京地区
東京 品川支部 秋山 精正
府中支部 小林 精晄
神奈川 田園支部 萩原 龍弘
相模支部 中川 精統 神奈川地区
川崎支部 坂井 精鷽
愛知 瑞穂支部 石原 龍斐 中部地区
名古屋支部 杉山 精鶯
一宮支部 長瀬 精縁
豊田支部 髙橋 龍眞
奈良 生駒支部 德田 龍臥
鹿児島 鹿児島支部 海江田 逑成 九州地区

| 支部 | 教場

独立教場
(会・支部に属さない教場です。地域に根付いた教場を展開しています。)
所在地 教場名 代表者 管轄
青森 青森教場 岩﨑 龍惠 東北地区
秋田 鹿角教場 柳澤 清風
秋田教場 五十嵐 龍萬
宮城 仙台教場 橘内 天風
古川教場 大竹 精松
新潟 糸魚川教場 歌川 精瑤 東京地区
茨城 取手教場 越智 精麗
埼玉 蕨教場 中澤 精弘
千葉 千葉教場 渡辺 龍貞
千葉中央教場 熊谷 龍峰
東京 中野教場 松﨑 龍雄
上野教場 渡邊 龍桜
隅田教場 関守 和風
杉並教場 山城 精和
蒲田教場 笹原 龍元
町田中央教場 小磯 尚風 神奈川地区
神奈川 小向教場 松田 島風
中幸町教場 志村 龍康
本部(昼)教場 井上 龍元
本部(夜)教場 宇藤原 龍弘
浅田教場 坂井 精鷽
等々力教場 髙林 精朋
小杉教場 茂呂 龍紅
中原教場 宮田 龍迦
渡田教場 松井 龍寳
新横教場 武 臣風
藤沢教場 中村 亀風
茅ヶ崎教場 池田 精嶽
逗子教場 松岡 峯風
静岡 三島教場 河原 龍青
長野 松本教場 椎名 龍順
三重 三重教場 山本 清風 中部地区
福井 福井教場 多冨 博泉
大分 大分教場 菅原 勝風 九州地区

ページトップへ