第20回合祀祭が執り行われました

2020年05月15日

目に青葉山ほととぎす。素晴らしい新緑の西多摩霊園で5月14日(木)岳精流日本吟院第20回合祀祭が執り行われました。
新型ウイルス感染による緊急事態宣言発令中ということで、総本部役員一部のみの参列、40分弱の青空式典、懇親会無しというささやかな祭事となりました。

合祀碑「吟楽碑」は横山岳精吟道65周年記念を期して建立いたしました。あの世でも吟友と吟を楽しむことが出来ればと、祖宗範の思いが込められています。今回合祀された4名ふくめ、現在までに327名の銘板が吟楽碑に奉安されています。

例年ですと式典後の懇親会でご遺族や所属会の先生方の思い出話を伺いながら故人を偲びますが、今回はそれが叶わず。龍吟で紹介させていただく予定です。