TOP > >
array(2) { [0]=> object(Tabi_Vo_Category)#183 (1) { ["_attr":"Ao_Vo_Abstract":private]=> array(10) { ["id"]=> string(1) "1" ["uid"]=> string(1) "1" ["parent_id"]=> string(1) "0" ["title"]=> string(21) "東海道・山陽道" ["note"]=> string(147) "団塊の世代が歩き旅を初めてやってみた
漢詩で綴る旅だ
東海道・山陽道を73詩の漢詩で綴る吟行記" ["depth"]=> string(1) "0" ["sort"]=> string(1) "0" ["created"]=> string(19) "2011-07-07 15:41:04" ["modified"]=> string(19) "2012-02-22 18:09:55" ["delete_flag"]=> string(1) "0" } } [1]=> object(Tabi_Vo_Category)#178 (1) { ["_attr":"Ao_Vo_Abstract":private]=> array(11) { ["id"]=> string(1) "8" ["uid"]=> string(1) "1" ["parent_id"]=> string(1) "1" ["title"]=> string(9) "第四節" ["note"]=> string(33) "三島→吉原→清水→静岡" ["depth"]=> string(1) "1" ["sort"]=> string(1) "0" ["created"]=> string(19) "2012-02-22 17:42:07" ["modified"]=> string(19) "2012-02-22 18:06:39" ["delete_flag"]=> string(1) "0" ["is_current"]=> int(1) } } }
東海道・山陽道 > 第四節 > 十三 駿河湾千本松原に牧水を懐う

旅: 「東海道・山陽道」 第四節

三島→吉原→清水→静岡

十三 駿河湾千本松原に牧水を懐う

o百里…一里は中国では約五百メーター。日本では約四キロ。ここではとても長い意。
o風裏…風の中に。
o漂漂…ただよい飛ぶ様。
 

詩意

 千本松原の緑は美しく長い渚に映え、百里にわたる潮騒は風の中に聞く。
 (牧水の歌のように)白鳥はただよい飛んで、白い羽を染むることなく、旅人はただ静かに海と空の青を眺めやっている。

解説

 歌人若山牧水はこの地で没した。
我々はこの日、牧水の歌をふんだんに吟じた。

 沼津駅を右にして狩野川沿いに歩き、やがて乗運寺に入る
歌人若山牧水とその妻喜志子の墓がある。
「古里の赤石山にましろ雪 わがいる春の海辺より見ゆ       喜志子」
「聞きいつつたのしくもあるか松風の 今は夢ともうつつともきこゆ  牧水」
 牧水記念館があるというので訪ねたが、果たして月曜は休館とのこと。
気を取り直して西へもどると、松原の公園に牧水の歌碑があった。

「幾山川越えさりゆかば寂しさの果てなん国ぞ今日も旅ゆく 牧水」

 五月の海の光は明るい。
延々と松原が続く駿河湾の光景は旅する人の眸を見開かせる。
千本どころでなく何本の松原であろうか。
湘南の海岸よりも雄々しく海も深く感じられる。
 海の青さよ、空の青さよ!
 牧水はこの景勝を愛したのだ。

「白鳥は悲しからずや空の青 海の青にも染まず漂う 牧水」
見つめるだけで牧水の歌が流れるようであった。

堤防は湾曲して、遙か彼方に、うっすらと製紙工場群が見える。
今日の泊まりだ。  

ページトップへ