TOP > >
array(2) { [0]=> object(Tabi_Vo_Category)#183 (1) { ["_attr":"Ao_Vo_Abstract":private]=> array(10) { ["id"]=> string(1) "1" ["uid"]=> string(1) "1" ["parent_id"]=> string(1) "0" ["title"]=> string(21) "東海道・山陽道" ["note"]=> string(147) "団塊の世代が歩き旅を初めてやってみた
漢詩で綴る旅だ
東海道・山陽道を73詩の漢詩で綴る吟行記" ["depth"]=> string(1) "0" ["sort"]=> string(1) "0" ["created"]=> string(19) "2011-07-07 15:41:04" ["modified"]=> string(19) "2012-02-22 18:09:55" ["delete_flag"]=> string(1) "0" } } [1]=> object(Tabi_Vo_Category)#178 (1) { ["_attr":"Ao_Vo_Abstract":private]=> array(11) { ["id"]=> string(1) "9" ["uid"]=> string(1) "1" ["parent_id"]=> string(1) "1" ["title"]=> string(9) "第五節" ["note"]=> string(135) "静岡→藤枝→榛原→掛川→磐田→弁天島→豊橋→岡崎・世尊寺→知立→名古屋・熱田→一宮→木曽川" ["depth"]=> string(1) "1" ["sort"]=> string(1) "0" ["created"]=> string(19) "2012-02-29 23:07:05" ["modified"]=> string(19) "2012-02-29 23:12:31" ["delete_flag"]=> string(1) "0" ["is_current"]=> int(1) } } }
東海道・山陽道 > 第五節 > 十七静岡を発す

旅: 「東海道・山陽道」 第五節

静岡→藤枝→榛原→掛川→磐田→弁天島→豊橋→岡崎・世尊寺→知立→名古屋・熱田→一宮→木曽川

十七静岡を発す

o府中…静岡の旧名。
o駑駘…のろま。おろかもの。
o三竿…八時頃(の太陽)の意。
o咿軋…車の走る音。

詩意

 いよいよ旅立とうとして再び、静岡城をながめる。
問わないで貰いたい、愚か者の長い旅のことを。
 八月の朝八時頃、太陽の強い光が街路樹を照らす中、さても車の走る音と蝉の鳴く声が激しくうるさいことよ。

解説

 第五節、平成十二年八月六日、奥本林山(尺八)、家吉、坂井、池田の四氏が静岡駅に集合した。
ことしの目標である名古屋、木曽川に向かう、十一日間の歩き旅。
静岡駅には岳精会会員の小泉さん一家の見送りを受ける。
 
実はこの旅、大げさに言えば、私は腹をくくって臨んである。
 四日前の夕、腹痛が起こり、夜中の三時頃には痛みをこらえ切れず、仕方なく救急車を呼んだ。
朝にはすっかり回復したのであるが、原因は分からない。
 退院時、医者に計画の事を言ってしまった。
言語道断とあきれ顔だ。
家内は猛烈に反対。病院に駆けつけてくれた坂井さんも「中止!中止!」という。
誰が考えても中止だろう、おまけに暑い盛りだ。
 二月の足の故障といい、何だかこんな事が重なる。
今度は途中で具合が悪くなったら、色んな人に迷惑をかけるばかりだ。
 困った。
 でも、これは一過性のもので慎重にすれば普段と変わりないのでは、とも思えた。
GOT,GPT等の数値はそろって二百数十だが、これも今さらのことではない。
ならばこの旅で数値を減らしてみよう。
家内や坂井さんには
「少しでも前兆が有れば中断して帰る。慎重にやるから」
 と、強引に約束する。

かくして断酒の旅となった。
「さー出発だ!」
 見送る人に勇んで別れたが、内心祈るような気持ちだ。
やはり、家内に心配かけている後ろめたさがぬぐえない。
 

ページトップへ