TOP > >
array(2) { [0]=> object(Tabi_Vo_Category)#183 (1) { ["_attr":"Ao_Vo_Abstract":private]=> array(10) { ["id"]=> string(1) "1" ["uid"]=> string(1) "1" ["parent_id"]=> string(1) "0" ["title"]=> string(21) "東海道・山陽道" ["note"]=> string(147) "団塊の世代が歩き旅を初めてやってみた
漢詩で綴る旅だ
東海道・山陽道を73詩の漢詩で綴る吟行記" ["depth"]=> string(1) "0" ["sort"]=> string(1) "0" ["created"]=> string(19) "2011-07-07 15:41:04" ["modified"]=> string(19) "2012-02-22 18:09:55" ["delete_flag"]=> string(1) "0" } } [1]=> object(Tabi_Vo_Category)#178 (1) { ["_attr":"Ao_Vo_Abstract":private]=> array(11) { ["id"]=> string(2) "11" ["uid"]=> string(1) "1" ["parent_id"]=> string(1) "1" ["title"]=> string(9) "第七節" ["note"]=> string(56) "彦根 → 野州 → 京都 → 京都観光 → 山崎" ["depth"]=> string(1) "1" ["sort"]=> string(1) "0" ["created"]=> string(19) "2012-04-11 22:03:10" ["modified"]=> string(19) "2012-04-12 14:03:10" ["delete_flag"]=> string(1) "0" ["is_current"]=> int(1) } } }
東海道・山陽道 > 第七節 > 三十五 京都三条大橋に到る

旅: 「東海道・山陽道」 第七節

彦根 → 野州 → 京都 → 京都観光 → 山崎

三十五 京都三条大橋に到る

o社友…大阪岳精会の吟友。

o鴨水…鴨川。

o彩霞…朝焼け夕焼けの美しい霞み。

o多情…心の感受性が多いこと。

o京洛…ここでは京都のこと。

詩意

吟友は鴨川の東、三条の大橋のたもとで私を迎えてくれた。千里もの長旅もいよいよ終わりだ。
 欄干によって見ると、おりしも京都の町がうっすらと夕霞みに掩われ、セピア色に包まれていた。私はその中で自ずと感慨がこみ上げるのだった。

解説

ついに京都へ着いた。
自分の頼りない足で、延べ二十三日間で横浜の家から東海道を歩き尽くしたことになる。

「三井の晩鐘瀬田の夕べ 征人容易に郷愁を惹く・近江八景」
 彦根より何回吟じたことだろう。三井寺に寄り、鐘を突いて歌い終える。

「京都まで五キロ」の道路標識、
 一気に京都へ向かった。
うれしさが子供心のようにこみ上げ正に飛ぶが如く歩いた。 
 しかし、いくら飛んでも「あと五キロ」とある。
道路標識には随分励まされたが、こんな風に「なんだ?!」と思わされることも度々だった。
 それでもトンネルをくぐりやがて下り坂になって間もなくすると、京都三条大橋に到着した。

 三条大橋の雑踏の中で大阪岳精会の吟友が迎えてくれた。
 皆さんの歓迎の中で、暮れなずむ京都の空が印象的だった。
 到達の喜びにひたると共に、
「よし、今度は九州までだな」
 と次の目標がやっと現実になった事を覚えている。

 夜は大阪岳精会による祝賀の宴を受け、ひとしきり談笑した。

ページトップへ