TOP > >
array(2) { [0]=> object(Tabi_Vo_Category)#181 (1) { ["_attr":"Ao_Vo_Abstract":private]=> array(10) { ["id"]=> string(1) "1" ["uid"]=> string(1) "1" ["parent_id"]=> string(1) "0" ["title"]=> string(21) "東海道・山陽道" ["note"]=> string(147) "団塊の世代が歩き旅を初めてやってみた
漢詩で綴る旅だ
東海道・山陽道を73詩の漢詩で綴る吟行記" ["depth"]=> string(1) "0" ["sort"]=> string(1) "0" ["created"]=> string(19) "2011-07-07 15:41:04" ["modified"]=> string(19) "2012-02-22 18:09:55" ["delete_flag"]=> string(1) "0" } } [1]=> object(Tabi_Vo_Category)#176 (1) { ["_attr":"Ao_Vo_Abstract":private]=> array(11) { ["id"]=> string(2) "11" ["uid"]=> string(1) "1" ["parent_id"]=> string(1) "1" ["title"]=> string(9) "第七節" ["note"]=> string(56) "彦根 → 野州 → 京都 → 京都観光 → 山崎" ["depth"]=> string(1) "1" ["sort"]=> string(1) "0" ["created"]=> string(19) "2012-04-11 22:03:10" ["modified"]=> string(19) "2012-04-12 14:03:10" ["delete_flag"]=> string(1) "0" ["is_current"]=> int(1) } } }
東海道・山陽道 > 第七節 > 三十六の二 新島襄先生海外渡航の地碑を拝して作有り

旅: 「東海道・山陽道」 第七節

彦根 → 野州 → 京都 → 京都観光 → 山崎

三十六の二 新島襄先生海外渡航の地碑を拝して作有り

o碑…同志社の創始者、新島襄は二十二歳の時、函館より密航して上海を経てアメリカへ渡った。函館港の一角にその石碑が建っている。

o英髦…優れた若者。新島襄のこと。

o緬思…はるかに想うこと。

o気鋭…意気込みが鋭いこと。

o聊爾…ふと、おもいつきで。

o便ち自ずから狂す…すると、すぐに、自然とおごり高ぶるのである。

詩意

ここから、かって新島襄が密航したという函館港に来てみれば、 それを記念に建てられた石碑の辺には潮の香りが芳しい。
英髦(えいぼう)何(いずれ)の処(ところ)ぞ 白雲(はくうん)長(なが)し かのすぐれた若者の姿は何れの処ぞと偲べば、白雲が遠く海の彼方に浮かんでいる。
緬思(めんし)す気鋭(きえい)の 邦(くに)を興(おこ)すの志(こころざし)  脱藩、密航といった二つの罪を犯してまで、国を興す志を貫いた事を遙かに思いながら、聊爾(りょうじ)呻吟(しんぎん)すれば 便(すなわ)ち自(おの)ずから狂(きょう)す      ふと低い声で吟じだしたが、すぐに自然と心がおごり高ぶってきた。

解説

ページトップへ